QOLが低下するのはなぜか

この記事は2分で読めます

QOLが低下するのはなぜだと思いますか?

 

それは、現実と理想がかけはなれているからです。

 

現実は
・日々仕事に追われてる
・残業続きで遅い帰宅
・人間関係や仕事関係のストレスは高まる一方
・休日には楽しむ余裕も趣味に使うお金もない
・夜もよく眠れない

 

では、この現実の前で、はたしてQOLを高めることは出来ないのか。

 

実生活の中で一番のネックはストレス。

 

仕事であっても、家庭であってもストレスはついてまわるもの。
それは、好きなことをしていても同じです。

 

例えばサッカーが好きな人が、サッカーをしていても
思ったプレーが出来なかったときストレスは発生します。

ゲーム好きな人が、ゲームをしていても先に進むことが出来ない。

これもまた思ったことが出来ない場合にストレスは発生します。

 

b01562eb79db2f1103149955a882db80_s.jpg

 

では、果たしてそのストレスは苦?

苦と感じることは少ないのではないでしょうか。

 

それは「苦しい<楽しい」の比較が無意識に行われており、
楽しいと感じるほうが心理面に強く働きかけているからです。

すなわち「ストレスは苦しいこと」という考え方ではないということです。

 

実際にはストレスが幾重にも積み重なって、
初めて「苦しい」といいう心理状態を発生させるのです。

 

言い換えると、瞬間瞬間のストレスが強いか弱いかではなく
ストレスの累積が楽しいといったプラスの思考をオーバーしたとき人はストレスを感じるものです。

 

このことを理解していないと、心身のストレスが累積していくことで、QOLが低下。
QOLが低下することでさらにストレスが蓄積されていくという負のスパイラルが発生してしまいます。

 

ストレスの累積 < ストレスの解放+楽しいと思うこと
これを実現することで、QOLを維持、向上させることは可能なのです。

 

ストレスの累積 < ストレスの解放+楽しいと思うこと

 

この比較を成り立たせるための方法を考えていきましょう。

 

[QOLが低下するのはなぜか]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

はじめまして。ドモノフです。
詳しいプロフィールはこちら

 

うつ病経験者が、世間にさからわないで、ストレスをためない方法を大公開。うつ病だからって「楽しく暮らす」「たまには贅沢」したっていいじゃない。

 

↓初めての方はこちらからどうぞ↓
うつ病だっていいじゃない

2018年7月
« 5月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

参加ブログランキング

スポンサードリンク